coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

DMC-G7の動画撮影時の設定

動画撮影用の設定をメモっています。完全に備忘録です。 (190322版) 撮って出し用ではなく、後処理前提です。 撮影時設定 輝度レベル:16-255後処理時にハイライト側にマージンが確保されます。 撮影モード:A回折防止のため、絞ってもf/7.1まで。NDフィル…

GimbalGun

CINEMA5Dで紹介されていました。 角パイプに電動スタビライザーとモニタやマイクなどの周辺機器を乗せ、丈夫な幅広ストラップでショルダーバッグのように肩から下げて使います。 片手持ち前提の電動スタビライザーですが、決して軽くはないので(まとめて)…

6K Photoを現像する

6K Photoのテスト撮影をまたやってみました。 Adobe Premiere CCを使った、6K Photoの「現像」が画質向上に有効 *1 かと思っていましたが、そうでもありませんでした。 今回の対象は昼間の動体です。近所の公園で鳥を撮影しています。 ↑ 6K Photoによる撮影…

センタースポットフィルターでローファイな写真

クラシックレンズにタンバール(THAMBAR)というソフトフォーカスレンズがあります。 最近ライカのMマウントで復刻したそうで、製品の紹介記事がありました。 記事の中で紹介されている付属品に「センタースポットフィルター *1 」というものがありました。 …

好みの階調/目指す階調 2

YouTubeをぼんやりとブラウズしていたら、「2018年のホラー映画ベスト10選(10 Best Horror Movies Of 2018)」というのがありました。 観てみたところ、紹介されている作品のトーンがどれも自分の好みでした。オリジナルの予告編を探して、トーンを調べてみ…

動画からの静止画の切り出し

動画ファイルからの静止画の切り出しについて検証してみました。 DC-GH5には「6K Photo」という、動画(=高速連写)から静止画を切り出す機能があります。 夜の風景を撮るとこんな感じになります *1 。 感度はISO12800、30fpsの連写なので、シャッタースピ…

ALLDOCUBE X

中華製の高性能Androidタブレット「ALLDOCUBE X」を買いました。コンテンツビューア *1 としては最高です。 レビューというほどもでもなく、要点だけ。 有機ELディスプレイは素晴らしいです。黒は「無発光」なので、締まりが完璧です。発色も良いです。不自…

キーボードの補強

以前、サブのPC用にBluetooth接続のキーボード、Anker Ultra-Slim Bluetooth Keyboardを購入 *1 しました。 廉価でキータッチも悪くなく、役に立つかと思いしばらく使っていましたが、どうも使い心地がいまひとつですぐに使うのをやめてしまいました。 その…

USB Type-Cケーブル 2

近所のローソン100(100円ショップ)でUSBケーブルを購入しました *1 。 片側がUSB Type-C(オス)、反対側がMicro USB Type-B(オス)です。 充電に使うにしても、パソコンに繋ぐにしてしても、あまり需要のない組み合わせに思えますが、下記のように使えま…

雑なレンズテスト 3

ちょっと気になったので、また、雑なレンズテスト *1 をやってみました。 コンデジの解像力テストです。適当に作成したチャート図を撮影し、絞り値ごとの解像力を調べてみました。 広角端(28mm相当)で行いました。 シャープネス:0、ノイズリダクション:0…

日本語入力のカスタマイズ

使っている複数のマシンの使い勝手の差をなくすために、PC関連はどれも簡単なカスタマイズをしています。カスタマイズ内容について記事にしました。自身のための忘備録となります。 前提 初めて購入したコンピュータ(と一緒に購入したキーボード)がUS配列…

cctvレンズでローファイな写真

CCTV用のレンズを使ってローファイな写真 *1を撮ってみました。 マニュアルフォーカスでの撮影は久しぶりです。 機材 下記のような機材の組み合わせで撮影しました。 (以下、カメラボディ側から) Panasonic DMC-G7 絞り開放で撮るので、(高速の)電子シャ…

久しぶりのiPhone

普段、スマートフォンはAndroid機を使っていますが、久しぶりに、iPhoneを使うことにしてみました。 結論を先に言うと、ひと月ほど経ったところで使い続けるのが辛くなり、Androidに戻しました。わかってはいましたが、やはりかなり使いづらかったです。 ↑「…

メカニカルキーの電卓

Lofreeの青軸メカニカルキーの電卓を買いました。Gadget flowで見かけて以来、ずっと気になっていたものです。 http://coluli.tumblr.com/post/178509615664/lofree-digit-retro-mechanical-calculator-gadget 本当は上の写真のような赤ボディ・黄アクセント…

Fire TV Stick 4Kのフレーム補間

AmazonのFire TV Stick 4Kを購入しました。 しばらく使ってみると、映像の質感がテレビっぽいことに気づきました。いわゆる「Soap Opera Effect」です。 Primeの無料映画を観るのが主な用途なので、設定を変更しました。 [設定]→[ディスプレイとサウンド…

Galaxy S8

先日エントリーした記事 *1 内で、片手で使いやすい(であろう)オススメのスマートフォンの筆頭候補として、SamsungのGalaxy S8を挙げました。 その後、まったく偶然に、Galaxy S8を業務用の携帯電話として会社から支給されました。しばらく使ってみたので…

画像表示テスト

hatenaへの画像のアップロードだと長辺が1024pxになってしまいました。noteやtumblrよりも小さい……。 blog用写真の格納先、Flickrが値上げ+フリーアカウントの大幅サービスダウンになってしまったのでちょっと困っています。今は有料のProアカウントですが、…

DC-GH5|Photo Styleの検証 02

輝度レベルとマスターペデスタルの設定を行い、再度テスト撮影を行いました。概ねうまくいったと思います。 高解像アナモフィックの10bit 6K動画 *1 を77%に縮小して4K動画を作成しています。 設定のキモ 輝度レベル:64-940 マスターペデスタル:+6 iDレン…

Adobe Premiere Rush CC

普段rssを購読しているサイトにとても有用な情報がありました。 アドビのラッシュ | ezBlog 手元で内容をチェックするくらいなら、QuickTime PlayerやVLCじゃダメなの?‥‥と思われるかも知れません。 ダメなんです。 QuickTime Playerは「リミテッドレンジ」…

DC-GH5|輝度レベルとマスターペデスタルの組み合わせ

白飛び・黒つぶれの少ない輝度レベル[ 64-940 ] *1 を使って、マスターペデスタルの設定値をテストしてみました。 ピクチャースタイルは[ Cinelike D ]、iDレンジコントロールは[ AUTO ]としています。 マスターペデスタル[ +6 ]で、黒つぶれは完全…

DC-GH5|輝度レベルの設定

一番最初にこのテストをするべきでした。「フルレンジなら階調が広いはず」といったイメージにとらわれ、遠回りをしてしまいました。 DC-GH5の3種類([0-1023]・[64-1023]・[64-940])の輝度レベル設定を比較しました。 マスターペデスタルは[ 0 ]で…

片手で使いやすいスマートフォン

iPhone SEが販売終了となったことで、「小さいスマホの使いやすさ」に対する議論が少しだけ盛り上がっていたようです。一方、「でかいスマホの使いづらさ」については、意外と正しく認識されていないような気がします。 以前、初めて大きめのスマホを購入し…

DC-GH5|コントラストとハイライト・シャドウ

DC-GH5のふたつの設定、「コントラスト」と「ハイライト・シャドウ」の挙動、その組み合わせについて検証してみました *1 。 わかったこと 「コントラスト」の挙動と「ハイライト・シャドウ」の挙動は異なります。 「コントラスト」の数値を下げるとコントラ…

DC-GH5|Photo Styleの検証課題

DC-GH5のPhoto Style検証ですが、思ったより設定項目・パラメータが多く戸惑っています。 最適な設定を見つけるべく検証予定の、Photo Styleの5種類のカスタム方法について、今後の展望をメモっておきます。 「撮って出し」前提 01|Cinelike Dをベースにし…

サブピクセルレンダリングの終わり

こちらの記事によると、最新のOSX Mojaveでは、サブピクセルレンダリングの機能がシステムレベルで削除されたようです。 applech2.com iPad(2010年発売)のように画面を回転させて使うデバイスと、サブピクセルレンダリングの技術は親和性が低いので、しか…

DC-GH5|拡張感度ISO100

細かな設定の変更でなんとかハイライトの飛びを抑える方法はないかな、といろいろテスト撮影している途中で気づきました。 拡張感度のISO100では、ハイライトは完全に飽和してしまう。 のでした。 画面上部中央の空に着目すると、拡張感度のISO100では本来の…

DC-GH5|マスターペデスタルの設定

マスターペデスタル(黒基準)の挙動について、設定値を変更しながらテスト撮影を行いました。 ↑ マスターペデスタルの設定値は[ 0 ]です。コントラストの高いPhoto Styleの[ CineLike V ]では、シャドウ部がかなり潰れてしまっています。 ↑ マスターペ…

DC-GH5|Photo Styleの検証 01

DC-GH5の最適な設定を探っています。近所の公園でテスト撮影を行い、各Photo Styleを比較してみました。 比較的デフォルトのまま ほぼデフォルトの状態で、Photo Styleの[ Standard ][ Vivid ][ Natural ][ Scenery(風景) ][ Portrait ][ Cinel…

DC-GH5|4K/6K Photo動画はより解像する

先日、DC-GH5はAnamorphicモードや6K Photoモードを使って6K動画を撮影できる、という記事を書きました。 その際に、6K Photoを使った動画は特に解像感が高いことに気づきました。 気になったので、4K60pでも同種のテスト撮影をしてみました。 通常の4K60p動…

「超解像」の動画での挙動

Lumixのカメラにはどれも、「超解像(i.Resolution)」という機能があるのですが、どのような働きをするのかよくわかっていませんでした。 DC-GH5の6K Photo(3:2)の6K動画モード*1 で、テスト撮影をしてみました。 どうでしょう。 微妙ですが確かにシャー…