coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

Fire TV Stick 4KのDensityを変更する

AmazonのFire TV Stick 4KをスティックPCとして使えないものかと試してみました。

結論から言うと無理がありました。実用記事としては役に立たないと思いますので完全に備忘録です。

スティックPC風に使うには

  • Fire TV Stick 4Kは、Bluetooth接続でマウスやキーボードを繋ぐことができます。
  • FHD、または4Kのディプレイにつなぐことができます。
  • SilkブラウザやFirefoxなどのブラウザを使えば、簡単なPCもどきの作業ができます。
  • しかしながら「リビングで使う大画面テレビ」に画面表示が最適化されているので、PCのように画面に近寄って使用するには個々の要素がでかすぎます。
  • Density(画素密度)の設定を変更すれば使いやすくなるかも、と考えました。

デフォルトのDensityだとこんな感じです。

feedly_density320

Feedlyの画面。スマートフォンのような巨大な文字サイズで1ペインになってしまいました。

Densityの変更方法

  • ADBコマンドを使用します *1
  • Android Studioを使います *2 。以前、スマホのカスタマイズに使用したのでインストール済 *3 でした。
  • ターミナルを使って操作します。使ったコマンドは、下記のような感じです。

adb start-server で起動します。

adb connect 192.168.50.2:5555 で同じネットワーク上(Wi-Fi上)にあるFire TVに接続します。IPアドレスは、Fire TVの[ 設定 ]→[ My Fire TV ]→[ バージョン情報 ]→[ ネットワーク ]で調べます。ポート番号は5555~5585の範囲内の任意の数値です。物理的に接続する必要はありません。そもそも端子が足りません。

adb shell dumpsys display でDensityを把握しました。320でした。

adb shell wm density 200 でDensityを200に変更しました。

feedly_density200

↑ いい感じになりました。Webサイトの閲覧やメールのチェック程度であれば普通に使えそうです。

問題点

  • Fire TV Stick 4Kは、インライン変換による日本語入力ができません(!)。簡単な調べ物なら問題ありませんが、長文の作成には使いづらいです。
  • 本来の用途であるPrime Videoの利用時も、要素が小さくなってしまいました。

prime_density320

↑ デフォルトのDensity(320)での表示。

prime_density200

↑ 変更後のDensity(200)での表示。レイアウトが崩れ、要素が重なっています。

再度コマンドを入力し、デフォルトに戻しました……。

参考にしたサイト


*1:Fire TV Stick 4KのOSのベースは、Android 7でした。7の場合、環境設定だけではDensityは変更できません。

*2:重いAndroid Studioをわざわざ使わなくとも、adbLinkというツールが役に立ちそうです。あとから気づきました。今回のスクリーンキャプチャーに使用しています。

*3:

古いマシンのOSを入れ替える

_DSF0414

古いWindowsマシンのOSをLinuxに入れ替えて、再利用を目指してみました。その時のメモです。

古いWindowsマシン

AsusのEeeBox PC EB1021です。主なスペックは、

  • AMD® Dual-Core Processor E-350, 1.6GHz
  • AMD Radeon™ HD 6320 グラフィックス内蔵
  • 4GBメモリ
  • 500GBHDD

です。7年ほど前 *1Asusのアウトレットで19,800円で購入しました。購入当時はWindows7がのんびりと動いていました。

入れ替えたOSその1:CloudReady

  • Chromium OSのひとつ、「CloudReady」をインストールしました。
  • インストールはうまくいき、最初は普通にうまく動きました。
  • デスクトップ環境はまあまあ軽快な動きです。
  • Chrome OS用のキーボード *2 をつなぐと、ファンクションキーのショートカット含め、便利に使えそうです。
  • 起動時間はとくに改善しませんでした。数分かかります。
  • Amazon Prime Videoが再生できませんでした。プラグインをインストールしたら、再生はできるようになりました。
  • YouTubeなど、動画系は軽くなりませんでした。FHD動画はほとんど再生できません。
  • 何度かアップデートをかけていたら、音声が機能しなくなりました。その時点で諦め、別のOSを入れてみることにしました。

入れ替えたOSその2:Ubuntu

  • Ubuntu 19.10 日本語 Remixを入れてみました。
  • 雑誌「日経Limux」の付録DVDを使いました。
  • インストールはうまくいき、普通にうまく動きました。
  • デスクトップ環境はまあまあ軽快な動きです。
  • 起動時間はとくに改善しませんでした。数分かかります。
  • YouTubeなど、動画系は軽くなりませんでした。FHD動画はほとんど再生できません。
  • Amazon Prime Videoは再生できました。やや途切れ気味です。
  • Wi-Fiを使わず、有線のイーサネットを使っても動画再生はさほど改善しませんでした。

まとめ

一応、動くことを確認して、マシンはしまいました。

  • 元々が低価格のローエンドPCだったので、OSを入れ替えても改善はわずかでした。
  • 動画系が全く軽くならなかったのは残念でした。数千円で買えるAmazonのFire TV *3 よりも動画性能で劣るのでは、再利用の意味もありません。

初めてBeOSをインストールした時は起動の速さや性能の高さに驚いたものです。文字通り数秒で起動し、複数のmovieファイルがギュンギュン動いていたあれはなんだったんだろうと今でも思います。


*1:2012年末に購入しました。

*2:coluli.hatenablog.com

*3:coluli.hatenablog.com

キーボードのリストレスト(Wrist rest)

相変わらずキーボードを取っ替え引っ替えしながら使っています。

最近使っているのは、昨年中華の通販で購入した、60%サイズのメカニカルキーボードです。

DSCN1626

キーは赤軸です。打ち心地は大変よいのですが、メカニカルキーボードは厚みがあるので両手首を天板に置くことができません。空中に両手を浮かせたまま打つのはつらいのでリストレスト(手首置き場)が必須です。

DSCN1630

以前たまたま購入して使わずにいた、ウレタン製のクッション(コーナー保護材)をとりあえずあてがっています。

DSCN1628

ホームセンターの島忠で購入しました。Amazonで注文すればいろんな色があるようです。キーボードの色に合わせて黒がいいかな。

あるいは半円型(かまぼこ型)もあります。この方が当たりが柔らかくていいかもしれません。

どちらも市販のリストレストよりは安く手に入ります。

_DSF0435

肝心のキーボードですが、バックライトの色が変わってキレイです。有線/無線(Bluetooth)どちらでも使えます。ただ、キーが少なすぎてあまり実用的ではありません。

Windows10のショートカット

まだ暗記しきれていない、Windows10の便利なショートカット。増えたり減ったりします。

画面キャプチャー

  • WinPrint Screen 画面全体をpngで保存。
  • WinAltPrint Screen アクティブウィンドウをpngで保存。
  • Print Screen 画面全体をクリップボードにコピー。
  • AltPrint Screen アクティブウィンドウをクリップボードにコピー。
  • WinShifts 「切り取り & スケッチ」の起動。

ファイル名を指定して実行

  • Winr 「ファイル名を指定して実行」の起動

名前

  • shell:startup 「スタートアップ」フォルダの表示

文字入力

  • Win.(ピリオド) 絵文字入力。

参考サイト

Magic Lanternチートシート

Magic Lanternに関するメモをここに書き溜めていきます。完全に自分用の備忘録です。本日(200214)の時点でほとんど内容が無いのはご容赦。

EOS M(初代)を中古で買いました *1 が試す時間をぜんぜん確保できないので、油断するとすぐに数ヶ月くらい間が空いてしまいます。調べたこともすっかり忘れてしまいます。メモは必須です。

公式

使えるミラーレス機

  • EOS M(初代)だけ、のはずなのにZeekはM2を使ってるのはなぜだろう。
  • Magic Lanternが使えるファームウェアは2.0.2。←これはEOS Mの最新(Latest)ファームではありません。中古入手時には注意が必要。

一時停止

インストール

インストール方法はダウンロードボタンのすぐそばに記述されているから大丈夫。

  • カメラのファームウェアのバージョンを確認(バージョンが合わないと起動しない)。
  • SDカードをカメラでフォーマットする。
  • SDカードのルートに解凍したMagic Lanternのファイル(「ML/」「autoexec.bin」「ML-SETUP.FIR」)を格納する。
  • カメラから「ファームウェアアップデート」する。
  • 吸い出されたROMがカード内(/ML/LOGS/ROM*.BIN)に保存されているので大事に保管しておくこと。

アップデート

アンインストール

方法はダウンロードボタンのすぐそばに記述されているので一旦忘れても大丈夫。

できること/これがやりたくてML始めた

raw動画

YouTube

Zeek - YouTube

その他


*1:

Google Photo「高画質」の画像縮小と再圧縮

Google Photoの無料・枚数無制限で保存できる便利な設定「高画質」についてのテストです。

Google Photoにサンプルの写真を色々なパターンでアップロードし、アップロード後の寸法と容量を調べてみました。

サンプル写真

_DSF0364_org

  • 2400万画素APS-C機のFujifilm X-T100で撮影しています。
  • rawとjpg同時記録で撮影しました。rawファイルの容量は43MB(42,944,000Byte)です。
  • rawファイルはLightroomで現像し、若干の回転・トリミングを行ったので寸法は5896px × 3931pxになりました。ノイズリダクションを0にしている *1 ので、最高画質で書き出したjpgファイルの容量は大きめの17.7MB(17,743,379Byte)です。
  • 撮って出しの画像は6000px × 4000px、7.3MB(7,338,864Byte)です。

画像の縮小(と再圧縮)

上記のサンプル写真をGoogle Photoにアップロードしました。大きな寸法の写真は1600万画素に縮小されます。今回は4898px × 3265px(15,991,970画素)に縮小されました *2

  • raw現像した写真は、17.7MBから1.6MB(1,612,404Byte)になりました。
  • 撮って出しの写真は、7.3MBから1.2MB(1,223,183Byte)になりました。

画像の再圧縮(のみ)

一手間かけて、あらかじめ寸法を1600万画素にしておいても、アップロード後に再圧縮は(必ず)されていました。Lightroomからのjpg書き出し時の画質を色々変更しながら試してみました。

  • 書き出し時の画質100%:12,724,301 Byte → Google Photoにアップロード後:1,608,666 Byte
  • 書き出し時の画質90%:7,003,887 Byte → Google Photoにアップロード後:2,353,226 Byte
  • 書き出し時の画質80%:4,377,427 Byte → Google Photoにアップロード後:2,153,596 Byte
  • 書き出し時の画質70%:2,890,025 Byte → Google Photoにアップロード後:1,710,841 Byte
  • 書き出し時の画質60%:1,398,380 Byte → Google Photoにアップロード後:1,172,927 Byte
  • 書き出し時の画質50%:1,430,062 Byte → Google Photoにアップロード後:1,281,370 Byte

再圧縮後の容量は必ずしもアップロードファイルの容量に比例しないようです。今回は2行目、Lightroomの画質設定90%で書き出した写真がアップロード後に2.4MBと、最も大容量でした。

画質

肝心の画質ですが、拡大表示して念入りに比較すると、容量に準じた有意な画質差があります。1.2MB(撮って出し)と2.4MB(書き出し時画質90%)では倍の差があるので当然です。

ただ、アップロード前(17.7MB)と比較してしまえば五十歩百歩なので、気にしない人はさほど気にならないとは思います。

一応、アルバムを作成しましたが、オリジナル含め「どれもほぼ同じ/全く同じ」と感じる人も多いでしょう。

あまり意味のあるテストではありませんでした。


*1:

*2:縮小寸法には若干の揺らぎがあるようで、4899px × 3266px(16,000,134画素)になったりもしました。

背面ガラスの梨地仕上げ

_DSF0289

なんとなくエントリー。2020年に発売中・発売予定のスマートフォンの背面の仕上げについて。


近々発売されるという噂の、廉価版のiPhoneiPhone 9(iPhone SE2)」の背面ガラスはiPhone 8とは異なり、梨地のマット仕上げになるそうです。

iphone-mania.jp


OPPOのサブブランド「OnePlus」は新型の7Tになって、背面はマット仕上げに変わったそうです。

hanpenblog.com


Google Pixel 4の背面ガラスは、黒のみ光沢仕上げ、白とオレンジはマット仕上げです *1

ascii.jp


Xiaomiのスマートフォン、Mi Mix2を使って1年半ほど経ちました。満足しています。また、特に困っていないので変更する予定もありません。背面はガラスによく似た質感のセラミック製で、持つとしっとり滑らずに使え、ポケットにはすっと入ります。片手には余るちょっと大きめのサイズですが、落として傷つけたことはまだありません。

iPhone 7からiPhone 8へのモデルチェンジ *2 で背面をアルミの梨地 *3 から曲面ガラスに変更したのも同じ理由だと思っています。梨地(の金属)に比べ、つるつるのガラスは持つと意外に滑らないのです *4

滑らないように・落としづらいようにと採用したはずの、せっかくのガラス素材をなぜつや消しにしてしまうのでしょう。

普段スマホを剥き身で持ち歩いている私の結論は、「背面は強化ガラス。仕上げは光沢がベスト。実用面からの選択であり、落としづらいのはその組み合わせ」です。 しかしながら、スマホのデザインは「見た目の質感」重視がトレンドとなってしまい、どうやら背面ガラス *5 のマット仕上げがしばらく流行りそうです。個人的にはなんだなかぁ、と感じています。

とはいうものの、通勤時の地下鉄で周囲の人たちが使用しているスマホをチラ見しても、きちんとケースに入れて使っている人ばかり *6 でした。剥き身で使っているのは私も含め少数派です。結局背面の仕上げなどまったく関係ないのでした。


200122|追記 Pixel 4は北米ではあまり人気がなく、特に黒は不人気とのこと。理由は「黒だけ背面が光沢だから」。

gazyekichi96.com

やはり世の中はそういう指向なのですね。


*1:なので、私が購入するなら黒一択です。

*2:背面にガラス素材を使ったのはiPhone 4からですが、その時には気づきませんでした。エッジが曲面でなくフラットだからかもしれません。あ、当時はケースに入れてたからか。

*3:アルミの梨地は特によく滑ります。

*4:例えばガラスのコップ。梨地仕上げのコップを想像すると、通常のコップに比べ落としやすいような気がします。

*5:余談ですが、ガラス風のプラに蒸着の仕上げが中華の格安スマートフォンに多い気がします。背面の素材が(強化)ガラスであるか不明だったので、OPPO Reno Aは購入候補から外しました。

*6:10万円近い高価なスマホを剥き身で使うのは怖いですが、ケースを付けることでさらに大きくなり、落としやすくなっているような気がします。