coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

DC-GH5の動画撮影時の設定(HLG)

HDR用のフォトスタイル「ハイブリッドログガンマ(HLG)」を使ってSDR用の動画を作成するための設定 *1 です。

HLGは高輝度側に余裕があり、白とびがほとんど発生しません。併せて、マスターペデスタルを最大値にすることで、黒つぶれも防ぎます。

撮って出しはコントラストの低い超軟調な映像になります。編集時にコントラストを上げることを前提とした、「擬似log収録」として使います。

(190727版)

撮影時設定

  • 輝度レベル:設定対象外
    設定できません。
  • マスターペデスタル:+15(最大値)
    黒つぶれ防止のための設定。
  • 撮影モード:A
    回折防止のため、絞ってもf/7.1まで。NDフィルターは使わず、シャッタースピードが早くなってしまっても気にせず(諦めます)。
  • 露出補正:なし
  • ISO:オート
  • ホワイトバランス:補正なしの「晴天」
  • フォトスタイル:Hybrid Log Gamma
    高輝度側にかなり余裕ができます。白とびしづらくなります。
  • コントラスト:設定対象外
    設定できません。
  • シャープネス:-5
    超解像」と併用。
  • ノイズリダクション:-5
    暗部ノイズは必要に応じてNeat Videoで処理することを前提に。
  • 彩度:-1
  • 色相:-1
    色転びが発生するので、補正しています。
  • ハイライト・シャドウ:設定対象外
    設定できません。
  • iDレンジコントロール:設定対象外
    設定できません。
  • 超解像:強
    シャープネス-5と併用。
  • 回折補正:AUTO
  • 手ブレ補正:ON
  • 手ブレロック(動画):ON
    ただし、お好みで
  • アナモフィック(動画):OFF

編集時設定

改訂履歴

  • 190526 作成。
  • 190606 手ブレ補正の設定を追記。
  • 190727 彩度が高すぎるので抑える。

*1:通常の設定はこちらです。