coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

DC-GH5の動画撮影時の設定(6K Photo)

DC-GH5の高速連写の機能「6K Photo」を利用した撮影時の設定 *1 です。

DC-GH5はいろいろな撮影モードがありますが、「6K Photo」による動画撮影が最も高解像・高精細になります。

ただし、残念ながら6K Photoはもともと静止画撮影のための機能なので、動画撮影時のいくつかの設定を使うことができません。具体的には、

  • 「輝度レベル」設定が使えません。白とび・黒つぶれを制御しづらいです。
  • 「マスターペデスタル」設定が使えません。黒つぶれを制御しづらいです。

なので、対策として、

  • 「iDレンジコントロール」を使って黒つぶれを回避します。
  • アンダー目で撮影し、白とびを回避します。
  • コントラストの低いフォトスタイルを選択します。
  • 「ハイライト・シャドウ」で微調整します。

となります。

(190727版)

撮影時設定

  • 輝度レベル:設定対象外
    設定できません。
  • マスターペデスタル:設定対象外
    設定できません。
  • 撮影モード:A
    回折防止のため、絞ってもf/7.1まで。NDフィルターは使わず、シャッタースピードが早くなってしまっても気にせず(諦めます)。
  • 露出補正:-2/3
    白とび回避のために低めにします。
  • ISO:オート
  • ホワイトバランス:補正なしの「晴天」
  • フォトスタイル:CineLike D
    コントラスト低めのフォトスタイルです。
  • コントラスト:±0
    コントラスト」はあくまでもハイライト・シャドウへの操作です *2 。白レベル(ハイエストライト)・黒レベル(ローエストシャドウ)の調整目的としては限定的なので、使わないことにします。
  • シャープネス:-5
    超解像」と併用。
  • ノイズリダクション:-5
    暗部ノイズは必要に応じてNeat Videoで処理することを前提に。
  • 彩度:±0
    これでもまだ高いかも。
  • 色相:±0
  • ハイライト・シャドウ:-1, +1
    コントラスト」を使用するよりも、白飛び黒つぶれ回避に効果的なのでこちらを使用します。
  • iDレンジコントロール:強
    黒つぶれ回避のために。黒レベルに作用します。白レベルにはほぼ作用しません。
  • 超解像:強
    シャープネス-5と併用。
  • 回折補正:AUTO

改訂履歴

  • 190526 作成。
  • 190531 白飛び黒つぶれの回避には、「コントラスト」よりも「ハイライト・シャドウ」を使った方が効果的 *3 であることを以前検証したことを思い出しました(完全に忘れていました)。
  • 190727 彩度が高すぎるので抑える。

*1:通常の設定はこちらです。

*2:

*3: