coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

ホワイトバランス/カラーバランス(の限界)

DC-GH5DMC-G7E-M10 Mark IIIの3台を並行してテスト撮影・設定調整しています。

それぞれに利点があり、1台に集約できないのが辛いところです。

その中で、E-M10 Mark IIIの設定だけがうまく追い込めずに困っています。画質は他機種に比べ1ランク落ちるものの、小型軽量で動画撮影時の手ぶれ補正が強力なので、なんとか活用したいと考えています。ですが、今ひとつ発色が気に入りません。

GH5やG7のホワイトバランスに合わせて色温度を調整しています *1 が、うまくいきません。

DC-GH5 カラーチャート DMC-G7 カラーチャート E-M10 Mark III カラーチャート

↑ カラーチャートベースだと、さほど不自然さは感じませんが、


DC-GH5 空 DMC-G7 空 E-M10 Mark III 空

↑ 空の色が全く揃いません。Panaの2機種の空の色相はどちらも216°、一方E-M10は206°です。10°ほど違います。


E-M10 Mark III 空 色温度調整 ↑ 空の色が合うように色温度を調整すると画面がマゼンダに染まってしまいます。手前に映り込んでいる物干し竿は、銀色のアルミ製です。

E-M10 Mark III 空 色相10°回転 ↑ 全体の色相を10°ほど回転させると比較的破綻なく落ち着きますが、

E-M10 Mark III カラーチャート 色相10°回転

Premiereの基本機能に色相の回転 *2 があるのかわかりません(上記のサンプルは、動画からの切り出し画像をPhotoshopで処理しています)。


グレーチャートや乳白アクリルを使った色温度の調整 *3 では、色相単位での制御ができません。カラーシフトや発色の偏りに対応するには別の方法を考える必要があります。

やはり専用のカラーチャートを購入してアプリで補正でしょうか。


190423|追記 

いろいろ確認して、この記事はほとんど意味がないことが判明しました。

E-M10の空の色味がおかしいのはそもそものホワイトバランス設定がまずかったからのようです。過去の作例の設定を確認すると、「オート(G-1)」では *4 普通の空の色でした。現状の設定値の「昼光(A+1, G-1)」を考え直す必要があります。補正後の数値ベースでの色温度はPana機と同じにできたと思っていたのですが……。


190429|再追記 

いろいろいじりましたが、やはりE-M10のホワイトバランスはかなり癖が強いです。色相を10°を回転させるのが一番手軽で確実なようです。


*1:どれもホワイトバランスは「昼光」です。E-M10のみ(A+1, G-1)の補正をかけています。

*2:ありました。[エフェクト]→[カラー補正]→[カラーバランス(HLS)]で操作できました。

*3:

*4:「オート」は制御しづらいので「昼光」ベースで再検討が必要です。