coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

カラープロファイルの対応状況

ちょっと気になること *1 があったので、簡単な検証。

raw撮影した写真 *2を、sRGBAdobeRGBDiaplay P3ProPhoto RGBで書き出しました。Lightroomにデフォルトで用意されているカラープロファイルです。


カラープロファイルに対応したアプリ、例えばSafariでは、適切に補正されてどれも同じ色調で表示されます(下の写真)。

Safariによる表示

sRGB / AdobeRGB
Diaplay P3 / ProPhoto RGB


カラープロファイルに対応していない古いアプリ、例えばQuickTime Player 7では、プロファイルが無視されてしまい、色調が崩れます *3 (下の写真)。

QuickTime Player 7による表示

sRGB / AdobeRGB
Diaplay P3 / ProPhoto RGB

色域の広いプロファイルほど、枯れた色調で表示されています *4

ここまでは想定内です。


上記4種の画像をPremiereに読み込ませてみました。

プロファイルごとに色調が異なります *5

Premiereはプロファイルによるカラーマネジメントには対応していないアプリ *6 ということになります。

本当でしょうか。最新のAdobe製品なのに。詳しい方がいたらコメントください。


*1:日を改めて検証予定です。

*2:sRGBとAdobeRGBでは、緑の色域に大きな違いがあるので、そのようなモチーフを多めに選んでみました。また、現像時は彩度高めで処理しています。

*3:かえるくん達よりも手前の電卓、奥の濃い緑色の懐中電灯(なのです)に着目するとわかりやすいと思います。

*4:一番本来の表示に近いのは、Diaplay P3のようです。キャプチャーをとったMacの画面のプロファイルに依存しているのでしょうか。

*5:見た目の印象では、(プロファイルを無視された)sRGBの画像が補正後の各画像の色調に近いようです。

*6:例えば、AfterEffectsはカラーマネジメント可能です。