coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

好みの階調/目指す階調 2

YouTubeをぼんやりとブラウズしていたら、「2018年のホラー映画ベスト10選(10 Best Horror Movies Of 2018)」というのがありました。

観てみたところ、紹介されている作品のトーンがどれも自分の好みでした。オリジナルの予告編を探して、トーンを調べてみました。

POSSUM

POSSUM

大半のカットは輝度域の4割程度しか使っていません。
彩度を抑えた画作りです。

SUSPERIA

SUSPERIA

こちらも同じ。屋外のシーンですら、8割程度です。
こちらはグリーンの色味が強い画作りです。

GHOST STORIES

GHOST STORIES

これまた同じ。空が大きく入ったカットでも、かなりレンジは狭めです。
屋外シーンの色温度は高め。青い画面です。

REVENGE

REVENGE

トーンは割と普通でした。かなりアンバーめにまとめられています。

UPGRADE

UPGRADE

トーンに関してはこれが一番普通(フル活用)かも。

190319|追記 動画がなくなり、別の予告編をつけました。なんかよくある青緑色の映画になっていました。

CLIMAX

CLIMAX

画面が真っ赤です。中央からハイライトにかけて、Rの成分しかありません。

A QUIET PLACE

A QUIET PLACE

ハイライトとシャドウを青緑色に転ばせた、よく見かけるタイプの画作りです。あまり好みではありません。

THE ENDLESS

THE ENDLESS

低彩度に加え、シャドウがぜんぜん締まっていない枯れた感じのトーンが印象的です。

ANNIHILATION

ANNIHILATION

SF映画だからか、割と普通のトーンでした。

HEREDITARY

HEREDITARY

銀塩フィルムのLookをあてがったような、よく見かけるタイプの画作りでした。あまり好みではありません。


RGB波形だけでは、どのようなグレーディングをやっているかはほとんどわかりませんが、それでもだいぶ参考になります。