coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

センタースポットフィルターでローファイな写真

_1000723

クラシックレンズにタンバール(THAMBAR)というソフトフォーカスレンズがあります。

最近ライカのMマウントで復刻したそうで、製品の紹介記事がありました。

記事の中で紹介されている付属品に「センタースポットフィルター *1 」というものがありました。 レンズ中央部を塞ぎ、周辺部の収差の大きな部分だけを使うことで、ソフト効果をより高めるためのもののようです。

原理としてはわかるような気がしたので、作ってみました。


DSCN1553

100円ショップでシールを購入し、マジックで黒く塗りつぶします。

DSCN1558

Amazonで最安のフィルターを購入し、フィルターの裏側(内側)から貼り付けて、レンズに取り付けます。

DSCN1563

使用したレンズはズイコーの50mm F1.4です。カビによるくもりでほぼソフトフォーカスレンズとなってしまっています。

DSCN1566


撮影してみました。

_1000699

_1000708

収差たっぷりのむやみにローファイな写真になります。

_1000698

コントラストが極端に低くなり、いくら露出を下げても暗部が全くつぶれないので目いっぱい暗く(現像)してみました。


_1000755

_1000752

_1000727

何を撮っても雰囲気は出ます。


_1000692

アウトフォーカスの(点)光源にはシールの形状が現れます。

_1000728

なので、ボケがかなりうるさくなりがちです。ミラーレンズのようです。


P1000715

絞りはすべて開放のf1.4で撮影しています。

P1000717

絞るとシールの形状が現れます。


_1000774

逆光でハイライトにパープルフリンジが盛大に出たのでモノクロにしてみました。


思ったより使いこなしは難しかったです。癖も強いので、使いどころは考える必要があります。


*1:「センタースポットフィルター」でググっても、色付きフィルターの真ん中に穴を開けたものばかり出てきます。