coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

日本語入力のカスタマイズ

使っている複数のマシンの使い勝手の差をなくすために、PC関連はどれも簡単なカスタマイズをしています。カスタマイズ内容について記事にしました。自身のための備忘録となります。

前提

初めて購入したコンピュータ(と一緒に購入したキーボード)がUS配列だったので、それ以来、英語キーボードオンリーです。ラップトップPCも英語キーボードモデルしか購入しないことにしています。

「ら行」の入力

「ら行」の入力は[ R ]でなく[ L ]を使うことにしています。初めて使ったFEP漢字Talk上のMacVJEで、その時にら行をLで入力する癖がついてしまいました。

  • OSXの場合、Kotoerizer(ことえらいざー)を使って(旧来のことえり式に)Lでら行を入力できるようにしています。10.14 Mojaveでも使えています。
  • Windowsの場合、[ローマ字設定]で簡単に変更できます。「ら」「り」「る」「れ」「ろ」「りゃ」「りゅ」「りょ」のローマ字入力を、新しいマシンを導入のたびに都度設定しています。
  • iOSAndroidでは、[ L ]によるら行の入力方法は見つけられていません。外付けのキーボードもいくつか購入しましたが、繋ぐのをやめて今に至ります。

日英の切り替え

日本語入力と英語入力の切り替えは、スペースバー両端のキー *1 で行うことにしています。スペースバーの右のキーを押すと日本語入力、スペースバー左のキーを押すと英語入力、としています *2

  • OSXの場合、Karabiner-Elements *3⌘英かなを使っています。
  • Windowsの場合、alt-ime-ahkを使っています。
  • iOSAndroidでは、日英切り替えのカスタマイズ方法は見つけられていません。外付けのキーボードもいくつか購入しましたが、繋ぐのをやめて今に至ります。

このようなカスタマイズへのこだわりが過ぎると、機材の選択肢が減るのであまり良くないこととは思います。

190129|追記 このへんのこだわりのせいで、ChromeOS(Chromebook)やubuntuLinuxデスクトップ)にも手を出した後、すぐにやめてしまったことを思い出しました。


*1:OSXは[ ⌘ ]、Windowsは[ Alt ]です。

*2:先日、キーの数が少なくコンパクトな「60%キーボード」を購入しましたが、スペースバー右側のAltキーが別のキーと兼用されており、日英切り替えには使えませんでした。

*3:最新のOSで不具合が出ますが、解決方法はありました。jsonファイルを少し書き換えるだけで解決しました。