coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

背面ガラスの梨地仕上げ

_DSF0289

なんとなくエントリー。2020年に発売中・発売予定のスマートフォンの背面の仕上げについて。


近々発売されるという噂の、廉価版のiPhoneiPhone 9(iPhone SE2)」の背面ガラスはiPhone 8とは異なり、梨地のマット仕上げになるそうです。

iphone-mania.jp


OPPOのサブブランド「OnePlus」は新型の7Tになって、背面はマット仕上げに変わったそうです。

hanpenblog.com


Google Pixel 4の背面ガラスは、黒のみ光沢仕上げ、白とオレンジはマット仕上げです *1

ascii.jp


Xiaomiのスマートフォン、Mi Mix2を使って1年半ほど経ちました。満足しています。また、特に困っていないので変更する予定もありません。背面はガラスによく似た質感のセラミック製で、持つとしっとり滑らずに使え、ポケットにはすっと入ります。片手には余るちょっと大きめのサイズですが、落として傷つけたことはまだありません。

iPhone 7からiPhone 8へのモデルチェンジ *2 で背面をアルミの梨地 *3 から曲面ガラスに変更したのも同じ理由だと思っています。梨地(の金属)に比べ、つるつるのガラスは持つと意外に滑らないのです *4

滑らないように・落としづらいようにと採用したはずの、せっかくのガラス素材をなぜつや消しにしてしまうのでしょう。

普段スマホを剥き身で持ち歩いている私の結論は、「背面は強化ガラス。仕上げは光沢がベスト。実用面からの選択であり、落としづらいのはその組み合わせ」です。 しかしながら、スマホのデザインは「見た目の質感」重視がトレンドとなってしまい、どうやら背面ガラス *5 のマット仕上げがしばらく流行りそうです。個人的にはなんだなかぁ、と感じています。

とはいうものの、通勤時の地下鉄で周囲の人たちが使用しているスマホをチラ見しても、きちんとケースに入れて使っている人ばかり *6 でした。剥き身で使っているのは私も含め少数派です。結局背面の仕上げなどまったく関係ないのでした。


200122|追記 Pixel 4は北米ではあまり人気がなく、特に黒は不人気とのこと。理由は「黒だけ背面が光沢だから」。

gazyekichi96.com

やはり世の中はそういう指向なのですね。


*1:なので、私が購入するなら黒一択です。

*2:背面にガラス素材を使ったのはiPhone 4からですが、その時には気づきませんでした。エッジが曲面でなくフラットだからかもしれません。あ、当時はケースに入れてたからか。

*3:アルミの梨地は特によく滑ります。

*4:例えばガラスのコップ。梨地仕上げのコップを想像すると、通常のコップに比べ落としやすいような気がします。

*5:余談ですが、ガラス風のプラに蒸着の仕上げが中華の格安スマートフォンに多い気がします。背面の素材が(強化)ガラスであるか不明だったので、OPPO Reno Aは購入候補から外しました。

*6:10万円近い高価なスマホを剥き身で使うのは怖いですが、ケースを付けることでさらに大きくなり、落としやすくなっているような気がします。