coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

2018年のDVD-Video制作

最近(2018年現在)の動画編集はもっぱらPremiere Pro CC 2018を使っています。iMovieやFinal Cut Pro Xを使っていた時期もありましたが、Premiereの色調補正の方法はLightroomによく似ており、使い始めてからは手放せなくなってしまいました。

今時のプロはどんどんDaVinci Resoleveに移行しているようですが、カラーホイールを使った色調補正は全く慣れません。

ところで、

訳あってDVD-Videoを焼く必要があり、調べてみたらちょっと驚いたのでエントリーしておきます。


  • AdobeのアプリでDVD-Videoを製作するには、Adobe Encoreが必要。
  • Adobe EncoreはCS6のPremiereにバンドルされていたアプリなので、CS6の追加インストールが必要。

最新のCCはDVD製作はスコープ外のようです。もう、個人でDVD-Videoを焼く人はいないのですね。


(それには気づかずに、)Premiereで16:9の素材を使ってDVD-Video用のMpegファイルを作成していたのですが、何度やっても左右に黒い枠線(余黒)が入ってしまいます。

DVD-Video用mpeg

調べてみたところ、

あ、これは知っています。720px幅で書き出される事自体は問題ありません。

お、これは知りませんでした。

計算すると、720*480の素材は、873*480にストレッチされることになります。おや? このサイズは16:9ではないですね……。さらに横長です。確かにそれなら左右に余黒が発生するのは辻褄が合います。

気になったので、手持ちのDVD映画をパソコンで再生してみましたが、元のVobファイルは720*480、再生時は16:9の853*480です。

どうもよくわかりません……。

これは仮説ですが、

  • Adobeのアプリだけが律儀にDVD-Videoの仕様通りにファイルを作成している。他社アプリは今時の環境*1に合わせてピクセルアスペクト比1.185で(黙って)書き出している。

という事なのでしょうか。


もやもやした気持ちのまま、結局、DVD-Videoの作成はRoxio Toastでさくっと済ませました。


エントリーを書きながらいろいろ検索してみましたが、こちらのページが一番自分の理解に近いようです。

fivetecvideo.at.webry.info


*1:(4:3のブラウン管ではなく)16:9の液晶テレビなど