coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

タマネギの皮とCJKフォント

AquaKanaを消去すると変なフォントに変わる。つまりこの変なフォントをヒラギノと入れ替えた上でAquaKanaを消去すれば良いのだ。

というつぶやきがありました。私も「変なフォント」は気になっていたのでちょっと検証してみました。

f:id:coluli:20180722175529p:plain

AquaKanaをシステムから削除するとFinderの表示はこのように変わります。調べてみると「変なフォント」とは「STHeiti(ファイル名:华文细黑.ttf)」。中国語フォントのようです。

f:id:coluli:20180722175713p:plain

↑ さらにこのフォントも削除してみるとまた表示が変わりました。調べてみるとこれは「AppleGothic」という韓国語フォントでした。

f:id:coluli:20180722175737p:plain

↑ このフォントも削除します。こんどは「GungSeo」という韓国語フォントになりました。

f:id:coluli:20180722175759p:plain

↑ これを外すと「BiauKai」という中国語フォントに。

f:id:coluli:20180722175816p:plain

↑ さらに外します。「GB18030 Bitmap」という中国語フォントに。

f:id:coluli:20180722175926p:plain

↑ こんどは「Hei」という中国語フォントに。


さすがに辛くなってきたので、Font Bookで「中国語」「韓国語」を検索して、でてきたフォントを全部外す*1 ことにしました。

f:id:coluli:20180722175952p:plain

↑ 「中国語」の検索結果。

f:id:coluli:20180722180009p:plain

↑ 「韓国語」の検索結果。


f:id:coluli:20180722180029p:plain

↑ AquaKana、中国語フォント、韓国語フォントを全部外してやっと日本語フォントが現れました。ヒラギノ角ゴシックProNです。以前のエントリー、「嫌われもののAquaKanaを排除する」のような作業を行わなくともFinderのフォントは変更できるのでした。その時の工夫は全て徒労となってしまいました……。

f:id:coluli:20180722180058p:plain

↑ ちなみにヒラギノ角ゴシックも外すとヒラギノ明朝になります。

f:id:coluli:20180722180122p:plain

↑ さらに外すとOsakaがでてきました。なぜかプロポーショナルです。

f:id:coluli:20180722180453p:plain

↑ 表示できるフォントがなくなるとこのようになりました(LastResort.ttfによる表示)。


CJKフォント(Chinese/Japanese/Koreanのグリフを持つフォント)に振り回され、ちょっと疲れました。検証中に表示の優先順序に法則性*2 のようなものが感じられるかとも思いましたが、結局よくわからないままになってしまいました。引き続き調べる根気もちょっとありません。


*1:Font Bookで「使用停止」できる場合ときちんと削除する必要がある場合があります。特に「System/Libraly/Fonts」内のフォントの削除は原則、認証が必要になるようです。

*2:検証途中、Adobeの日本語フォント(なぜかAdobe A1明朝)が現れたりヒラギノ丸ゴシックが現れたりもしたのですが、検証しきれないので割愛しています。