coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

PowerShot G7 X Mark IIIで5K raw動画

キヤノンから、PowerShot G7 X Mark IIIPowerShot G5 X Mark IIが発表されました。

Canon PowerShot G7 X Mark III

↑ こちらはG7 X Mark III。どちらも連写速度とバッファ量は同じ。

一見、SonyのRX100シリーズの後追い商品ですが、気になる仕様がありました。

RAWバーストモード時最高約30.0コマ/秒の高速連写を実現。

ワンショットAF、プリ撮影を含み最大約70コマ。

これすなわち、

1ショットにつき約2.3秒、AF固定、音声なしの5.5Kのraw動画が撮影できる。

ということです。これは遊べそうです。価格がこなれたら購入したいと思います。


以前はNikon1 V1を使って4Kのraw動画を撮影していました。

この時も30コマ/秒または60コマ/秒の4Kraw動画を撮れましたが、バッファは30枚でした *1

1カット1秒ではやはり使いこなしが難しいのか、YouTubeを見てもVimeoを見ても、やっている/いた人はほとんどいません *2 。おそらく世界で10人もいないと思います。

raw連写が充実しているミラーレスも増えてきましたが、どれも大型ボディです。

Nikon1で撮影していた当時から既に5年ほど経ちましたが、カメラ本体だけでrawの4K動画を収録できるのは、未だに、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kだけ *3 です。

はやく動画もraw形式がデフォになり、さくさく編集できるマシン環境にならないかと考えています。

あと5年くらいでしょうか。


*1:V2・V3のバッファは40枚に増えました。

*2:

一つ目が私の、それ以外は別の方々の作品です。見つけるたびに追加していましたが、もう増えることはほとんどありません。

*3:最近話題のSIGMAのfpですが、CinemaDNGによる記録が本体のみでできるのか、外部レコーダーが必要なのかどうもはっきりしません。「主な特徴」ページでは外部収録、「仕様」ページでは内部収録、と矛盾した表記になっています。