coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

Another

深夜アニメ、今期(2012Q1)は『Another』がとても面白い作品でした。というか、最終話まで視聴できたのはこれだけです。

f:id:coluli:20180718145832j:plain

ジャンルはいわゆる「ミステリー(トリックもの)」で、視聴者のミスリードを誘う演出や「真犯人」を明かすための手がかりが適切にちりばめられており、いわゆる「伏線回収」とは異なる、「種明かし」の快感を味あわせていただきました。

ラストを観た(真犯人を知った)後、どうしても確認したくなる二周目の視聴では、(どちらとも取れる)両義的な演出を多数確認でき、制作者の意図にまんまとのせられた自分に気づきます(予備知識ゼロで視聴し始めたので、細かな演出を逐一疑うような見方はしていないので当然なのですが)。

また、前半はヒロインの正体をめぐる謎、後半は「死者」の正体をめぐる謎、と適度な起伏が1クール12話の中に用意されており、最後までだれず/飽きさせずに楽しむことができました。

とはいうものの、「真犯人」がわかったときにある種の「感動」があったか、と問われると疑問で、ネタバレ防止のためなのか主人公との関係性描写が不足しており、それなりに脳内補完しないとちょっと白けてしまいます。

……、とまあそれらしいことを書き留めてみましたが、実際には、本ストーリーと直接関係なく(あるいは視聴者の注意を逸らすためなのか)時折挿入されるヒロインの妙にセクシャルな振る舞いの描写を楽しんでいただけ、というのが本音かもしれません。

あと、音響もよかったです。夜中にヘッドホンで聴いていてとても怖かった。