coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

60fpsで(やっと)テレビ並み

先日のエントリー「DVD Player.app」はtumblrでquoteされたおかげでそれなりにたくさんの方に読んでいただきました。id: takaakikさん、ありがとうございます。

私の文章のまとめ方のせいもあり、「Appleすげー」的な文脈で読まれてしまっているようですが、それよりも本当は「動画は60fpsでやっと(ブラウン管の)テレビ並み」なんだ、という事をもっと主張したいと思っています。

60fps動画の自然さ、滑らかさ、(でもテレビだと)当たり前な感じというのは、webではなかなか伝える事ができません。ネットはまだまだ帯域が足りませんし、PCの液晶モニタの反応速度もテレビのようには速くないからです。

周りを見回しても、企業のスペシャルコンテンツは(フレームレートよりもサイズを優先して/あるいはあえて「映画」っぽくするために)24fps程度だったりするし、モノ系の情報サイトでも静止画の画質や最大解像度の話はしても、fpsの話はあんまりしません。そもそも直接観れるサンプルが少ない。

とにかく、「60fpsは普通に滑らかだよ。今までのテレビ(/ビデオ)って、だいたいこんな感じでしょ」とわかるようなサンプルを、との考えで作ってみました。

60fps動画サンプル。データ転送量節約のため、音声は削除してあります。

60fps動画には、もっとポピュラーになってほしいと考えています。


その他の動画サンプルはこちらからMobileMeギャラリーへ)

どれもオリジナルデータは普通の(スタンダードの)ビデオカメラで撮影したもの、16:9モードで853px × 480px、30iのNTSCのDVデータです。それをJES Deinterlacerで60pに変換し、さらにH.264でファイルサイズを圧縮しています。また、音声ファイルはその際に削除しました。無音です。

半分のサイズ(426×240|60p / 30p)とそのままのサイズ(853×480|60p / 30p)の合計4種類ファイルを用意しています。

ビットレートは一律1.5Mbpsに制限したので「そのままのサイズ/60p」だとさすがに画質が悪くなっているようです。「ハーフサイズ/60p」あたりが滑らかさ/画質のバランスがとれているのではないでしょうか。