coluli

最近は、デジカメのテスト撮影ばかりやっています。

ウィンドウのキャプチャーのドロップシャドウをなくす。

またまた備忘録です。OSX Leopardになってから、ウィンドウのキャプチャー(⌘+shift+4、スペースバー)に盛大にドロップシャドウがつくようになってしまいました。

こんな感じです。

これはこれでもいいのですが、Tiger時代よりもシャドウが大きくなったこともあり、説明用のキャプチャーとして使うにはちょっと余白が多すぎるようです。

Macの手書き説明書に、スクリーンショットの影をなくす方法

というのがあったので、参考にしつつ、試してみました。

ターミナルにて、

defaults write com.apple.screencapture "disable-shadow" -bool true

その後、いったんログアウトします。再ログイン後のウィンドウのキャプチャーは、ドロップシャドウがつかなくなります。

こんな感じ。

......。あれ、両肩の角Rの背景は、透明(アルファ)なのですが、白背景(/淡い背景)だとラウンドせずになぜか角がでてしまいますね。濃い色だとRがきちんと出るのですが......。

Tigerのウィンドウはこんな風に、

白背景でもきちんと角が丸くなっています。Leopardになってドロップシャドウの描画方法が変わったのでしょうか(ウィンドウとシャドウをきちんと分離できないから、デフォルトを影付きにしたのかな)。

元に戻す(再びドロップシャドウをつける)にはターミナルにて、

defaults write com.apple.screencapture "disable-shadow" -bool false

その後、再ログインです。

余談ですが、いったん「disable-shadow」という項目を記述すると、初期設定ファイルに今までなかった項目が追加されます。

Xcode(Developer)付属のアプリケーション(ユーティリティ)「Property List Editor」を使って、home/Preferences/com.apple.screencapture.plistを開くと、

このように表示されます(あ、「true」じゃなくて「Yes」だ)。

ブーリアン項目「disable-shadow」が追加されているのがわかります。

一旦こちらができてしまえば、ターミナルを利用しなくともこちらで設定変更が可能です。

いずれにせよ再ログインは必要ですし、ターミナルを利用した方が手軽で確実なのですが......。まめ知識ということで。